台湾旅行2013《1日目》

今年のGWは母が北海道に行きたいとのことでしたが、ホテルの手配が間に合わなかったため私の希望地だった台湾へ行くことになりました。

KIX – TPE by Eva Airways

20130427-01
GWとはいえ午後便だったので、繁忙期は混んでいるはずのシャトルバスもゆったり。関西国際空港から台北の台湾桃園空港までは約2時間45分のフライト(ちょっと微妙な機内食付)、入国審査も日本語のため国内移動かと思うほどスムーズでしたが、入国ゲートを出てすぐに見える「中華民国入境」の壁前で記念撮影をする人集りを見て台湾に来たことをようやく実感。

台灣高速鐵路 -Taiwan High Speed Rail-

20130427-02_1
桃園国際空港から台北市内へはバスでの移動(所要約1時間)がスムーズで早いのですが、台湾高速鉄道 に乗りたいと鉄オタ魂を発揮して、高鉄桃園駅行きのバス(所要20分)で移動していざ高速鉄道へ!…と思ったら時間的に本数が少なく、がらんとしたホームで待つこと30分。その間、大阪から帰省中という日本語ペラペラの台湾人青年と話す機会があり、オススメの観光地など教えてもらうことができたので結果オーライでしたが、移動時間(バス20分+鉄道20分)+乗り継ぎ待ち時間(30分)+料金(バス30元+高鉄175元)を考えるとバスで直行するのがベストな選択だったかなと反省しつつ 700T型 を堪能してました。乗り心地はシートが少し低めだった気がしますが気のせいだったかも。混んでいたので車窓の景色を見ることができなかったのが残念。

■ 台湾高速鉄道(新幹線)- 台湾観光旅行ガイド 台北ナビ

台北捷運 -Taipei Metro-

20130427-02_2
台北駅からホテルまでは地下鉄で移動。切符でなくコイン型のIC乗車券が新鮮で、下車時にちゃんと回収されるシステムにエコを感じました。

鼎泰豊 -Din Tai Fung-

20130427-03
ホテルに着いたら既に19時をすぎていたので夕食へ。
台湾料理といえば、途中で話した台湾青年もオススメしていた 鼎泰豐(ディンタイフォン)。本店でなく忠孝店の方でしたが、店の近くにホテルを取っておいたので、道にも迷わず15分ほどで店内に入ることができました。メニューはもちろん小籠包!と蝦仁麺(私)に油豆腐細粉(母)を注文。八角などの香辛料はやや控えめで絶妙に美味しかったんですが、お茶のサービスや日本語対応などの接客も良く、台湾を訪れたらまた寄りたい料理店でした。日本の店舗は味が異なるとのことでしたが 京都高島屋 にもあるので、いつかこちらにも行ってみたい!

台北101 -taipei101-

20130427-04
食事の後は散歩を兼ねて、ショッピングモールの 台北101 へ。台湾一の展望台から夜景を見るのが目的でしたが、21時にして60分待ちのため諦めて館内をうろうろと彷徨っていると、ちょうど公募の台北101の写真展が開催されていたので見学してきました。選ばれただけあって素敵な作品ばかりで、手ブレ写真しか撮れなかった身としては勉強不足を痛感してみたり。

神旺大飯店 -San Want Hotel Taipei‎-

20130427-05
ちなみに宿泊ホテル(神旺大飯店)は観光地からは少し離れていますが、繁華街の中心にあり、空港バス乗り場にも近いのでとても便利。アメニティは日本とそれほど変わりませんが、あのサービスが翌日にちょっとした災難を呼び込むことになろうとは…。

ちゃっかりNHKが見れたので、プロ野球ニュースを見ながら就寝。
そんなこんな台北旅行の1日目でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です