台湾旅行2013《最終日》

帰りの便が8時台のためホテルを5時半に出て、MRT忠孝復興駅前にある空港行きのバス乗り場へ。

20130429-01
MRT忠孝復興駅はホテルから地下道を通って10分ほどですが、地下道が開くのは6時のためバス乗り場がわからず困っていると、自転車に乗った小母さんに言葉が通じないながらも親切に教えてもらい、無事に乗車することができました。台湾は親切な人が多いことを実感しつつ、朝焼けの中を空港へと向かいます。

20130429-02
朝7時と早いのに空港は大混雑。エバー航空のカウンターも東京・北海道・九州・大阪行きの便で長蛇の列でしたが、大阪便以外はすべて Hello Kitty 仕様でチケットもキティちゃんのイラスト付き。それほどサンリオ好きでもない私ですが、この違いにはかなりガッカリ…。朝食抜きだったので、やっぱりよくわからない味の機内食を食べつつ、2時間半のフライトで無事関空に着きました。

20130429-03
お土産はスーパーで購入したお菓子(台湾仕様のベビースターラーメン)と何だかよくわからない麺やドライフルーツ、空港で購入した炭入りのパイナップルケーキ(鳳梨酥)や台湾茶のパックと観光名所のイラストハガキ。空港にあるお土産は高級志向なのか綺麗なパッケージや変わり種が多く割高なので、現地の店で購入しておけば…と思いましたが、スーパーのドライフルーツが香料付きで変な味だったりと合わない場合もあるので、味見できる場所での購入がオススメかも。

そんなこんな台北観光でしたが、困っていると気軽に声をかけてくれ、思ったより日本語・英語は通じませんが、ガイドブック・筆記の漢字トークや状況から片言ながら助言してくれる親切な人が多いことに驚き、また有り難く思いました。

そして九份にて噂のトイレ事情を体験しましたが、トイレットペーパーの流せない水洗トイレとは衛生的にどうなのか…。台北のトイレは綺麗で問題ありませんが、地方で観光する場合はいろいろ覚悟しておいた方が良いのかもしれません。

初めて訪れたのにどこか懐かしい台湾。
またいつか旅する機会があれば花連高雄などにも行ってみたいですが、九份は必ずリベンジしたいと思います。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です