北欧旅行2014《ミュールマキ教会》

今回の旅のメイン、ミュールマキ教会に行ってきました。

Helsingin päärautatieasema

20140915-1-01

ヘルシンキ中央駅の自動券売機(カード専用)で切符を購入しようとしたら、カードが決済画面で認証されず断念。PINコード=暗証番号かと思っていましたが、裏面のセキュリティーコードだったことに後日気付いてみたり…。

20140915-1-02

改めて窓口の方で「Louhela(ロウヘラ)」行きの往復切符を購入しようとすると  Vantaa(ヴァンター)区間で自由に乗り降りできる1日乗車券を薦められ、使い方まで説明してくださいました。少々混雑していますが、乗り場や切符の種類などを確認するなら窓口で購入するほうが良いのかも。

■ Tickets and fares | HSL

20140915-1-03

Vantaankoski(ヴァンターコスキ)行きは17番から発車のため、駅舎の外にある一番奥のホームへ。すでに止まっていた電車に乗車して、いざ Myyrmäen(ミュールマキ)へ!

Myyrmäen asema

20140915-1-04

ミュールマキ教会へは電車で約30分弱ほどですが「Myyrmäen asema」の駅名を見てとっさに降りたところ、周辺に教会らしき建物は見あたらず…。電車に乗った後に片付けてしまった地図を見直すと、降りるのはもう一駅先の Louhela(ロウヘラ)駅でした。

今回の教訓:Myyrmäki(ミュールマキ)駅で降りるべからず。

Louhelan asema

20140915-1-05

改めて Louhela(ロウヘラ)駅に到着。ホームからも教会が見えるので、今度は間違えようもなく。

Myyrmäen kirkko

20140915-1-06

教会の入り口を探してぐるりと一周すると、保育園?らしき施設も併設されているのか子供たちが遊んでいたり。教会は時間外らしく閉まっていましたが、スタッフを見つけて声をかけると解錠のうえ点灯までしてくださいました。

20140915-1-0720140915-1-0820140915-1-0920140915-1-10

カメラの構図が難しく上手く撮れませんでしたが、採光と照明、デザインが見事に調和した美しい教会。一人だったので、貸切状態でまったり堪能できました。

20140915-1-11

ヴァンター市のサイトに “Kirkko on muun muassa japanilaisturistien ja arkkitehtuurista kiinnostuneiden matkailijoiden suosiossa.(教会は特に日本人観光客や建築に興味の旅行者の間で人気です。)” と掲載されるほど日本人観光客が多く訪れるそうで、スタッフの方から日本語のパンフレットをいただきました(…が、友人に譲ったので手元には Suomi と English のみ)。 教会についても説明してくださいましたが、私の英語力不足でお話をしっかり伺えなかったのが残念…。でもこの教会を見ることができただけで満足なプチトリップでした。

 

■ Myyrmäen kirkko (ミュールマキ教会)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です